株システムトレードのトレジスタにおいて、通算利益率1位の戦略を作成したtrademanが運営するホームページです。コンテンツ随時追加予定。

トレジスタにて自作の戦略を販売している管理人“ trademan ” が、
皆様の役に立ちそうなトレードに関する情報を発信していきます。
リリース予定のストラテジーの紹介、個人的な所論、
各種検証結果などコンテンツの充実に力を入れていきます。

便利な指標 その1

このシリーズでは、私が戦略開発の際比較的良く使う指標を紹介していこうと思います。
第一回はATRについてです。

ATRとは?
ATRとは真の値幅のn日移動平均であり、トレーダーには値動きの大きさやリスクをはかる指標として利用されることが多いようです。 ちなみに真の値幅とは、①当日高値-前日終値、②前日終値-当日安値、③当日高値-当日安値 のうち最も大きいもののことで、DMIなど他のテクニカル指標にも使われています。イザナミでも真の値幅の移動平均などが設定できますね。
簡単に言えば、短期的にATRが大きい銘柄は値動きが激しく、計算期間を短くすればより鋭敏に株価の動きに反応します。
使い方としては、例えばこの指標が大きい順に仕掛けることで損益の絶対値が大きくなりRRレシオは変わらなくとも、期待値が大きくなる傾向があるため、総利益率を上げたいときなどに使うといいかもしれません。

イザナミで使ってみよう!!
現在、イザナミにあるATRメインの指標は、標準では終値とATRの乖離率くらいですが、ユーザー定義指標でいくつか設定してみましょう。
まず、テクニカル指標として、始値、高値、安値、期間高安値、期間中間値とATRの乖離率
仕掛け手仕舞い位置として「値幅制限 ± ATRのn倍」 などなどいろいろ考えられますね!
最近の更新で手仕舞い位置に建値±ATRなども使えるようになったので良かったら試してみてください。

FX系のブログを覗いていると移動平均の傾きをATRで割ってみたり、ボリンジャーバンドと組み合わせたりといろいろ工夫してる人もいるみたいなので、株のほうでも応用できるのか試してみたいと思っています。 なにか良い設定が見つかったらお伝えしたいと思います!! では!!


株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン          





(2014.10.16 更新)



※検証上の結果であることをご承知下さい
   

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

 






【公認ストラテジーの購入なら
株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン
    【総合ストラテジー販売サイト】

 【イザナミを無料でダウンロード!】
株システムトレードソフトイザナミ
 【イザナミ+戦略セット販売中】 

【fx-on.com お宝ページはこちら!】


 

 






   
 
管理人   : trademan
  住所 
   : 神奈川県横浜市
  証券外務員資格保有

大学在学中より株式投資を始め、現在は副業兼趣味として投資をしています。シストレ暦は4年ほどです。
当Webサイト“投機律”では、開発戦略のリリース情報をはじめ、イザナミの使い方など、随時コンテンツを充実させていきます。
相互リンク歓迎!↓からご連絡下さい。

お問い合わせはこちらまで